歯医者さんに行って学んだこと

プロの気功師が教える、歯科の上手な受け方

昨年、急に歯が痛くなり、地元の歯医者さんに行きました。
痛くないからと、長年、検診も受けずに放置していたら、知らぬ間に虫歯が進行していて、一部は割れたり根が腐ったりしていて、奥歯1本の根の一部を取り除くことになりました。

こういう時にも、歯の処置は歯医者さんに任せつつ、気功が便利に使えます。

歯の処置では、抜歯や虫歯を削る際、どうしても神経にさわります。
麻酔はしますが、神経というのは、刺激を受けると過敏になり、麻酔が切れると、しばらく痛い事がありますが。

抜歯のあとの炎症も気功でおさめてしまい、削ったところも、痛くても、痛くなくても、帰宅後、歯と神経、口腔内に気功をしておきました。
そうすると、何もしなかったかのように、快適、楽々です。

さて、歯の方は、3ヶ月ほど通って、2/3になってしまった歯を隣の歯と連結して全て終わったのですが、その後、ものを食べたあとに、顔の神経に沿って痛みというか違和感というか、症状が出ることに気付きました。

ここでも、気功でなんとか出来てしまうので、やり過ごしていましたが、よくなるどころか、だんだんひどくなるようだったので、地元の歯医者さんに行きますと、レントゲンを撮り、
「処置は正しく行われているので原因がわからない」
と言われました。

あげく、
「今は様子を見るしかない、痛くなくなったら来て」
と言われるに至って、
「ここでは解決しない」
と結論付け、さあ、ここから歯科治療についてモーレツに調べ、歯科医院を探しました。

近い所から順にさがしますが、帯広でもピンと来るところがなく、じゃあ札幌なら?とさがしてもわからず...

そもそも、私の現象は連結というブリッジの一種、歯科用語でいうところの「補綴(ほてつ)」の分野のことです。
補綴の不具合を見極められる先生を、と思って探してみると、巷には、インプラント全面押しの歯科医院ばかり。私がかかった地元の歯科医院も、インプラントの評判ランキングで上位に評価されている院のようでした。

結局、最終的には、東京の歯医者さんにいきつきました。

そこで、私が問診票に書いたことは、

①今ある痛みが解消され、
②ブリッジにするとしても、いい歯を削らずに済む方法で、
③失った歯があるが如くにしっかり噛める

方法があればご提案頂きたく...

と言うように、出来る出来ないはともかく、まずは、自分の要望を明確にしました。
その上で、出来なければ出来ないで、調整する、というつもりで。

院長先生は穏やかに話を聞いてくださり、問診票を見て「なるほど、なるほど」...
そしておもむろに、

「しっかり噛める、ということだと、これですね」

とご提案くださったのが、つけ外しするブリッジ。
ブリッジは、虫歯が進行しやすいと言われますが、つけ外し出来るとお手入れもしっかり出来て、残っている歯も虫歯になりづらくなります。
しかも、通常のブリッジのように上からかぶせるのではなく、横から挟んで装着する構造。だから隣の歯を削らない。ほぉ~、画期的。

そして、飛行機に乗って通うこと数回の後、出来上がったその新型ブリッジを装着して食べてみると......


お見事!
ほんとうに!「しっかりかめる」‼
ごぼう、肉、つぶ貝、漬物、ナッツ、お餅...
だいたい、歯が悪くなったら食べられなくなる、といわれているもの、ほぼ、いけます。

ブラボー!です。
院長先生が、「しっかり噛めるというならコレ」とおっしゃった通り。

そして。
私が問診票に書いた3つの要望、全てかなえられました!

ただ、1点だけ。
ちょっと重さがあるんですね。
なので、昼間装着し続けていると、首が凝ります。
なので、食べる時だけ装着します。
つけ外しが出来ると、あとで不都合なことがあっても、融通が利いて便利です。

それと、装着に練習が要りました。
受け取った時、担当の先生に教えてもらいながら、しばらく練習しましたが、かなり格闘しました(笑)

この経験で学んだこと。

  1.  歯医者さんを選ぶなら、補綴が得意な先生を選ぶべし。
    補綴が得意な先生はインプラントも出来る(選択肢の1つとして)が、
    インプラントが得意だからと言って補綴が出来るとは限らない
    ※特に不具合が出た時、「正しく(マニュアル通り)やってるから問題ないはず」というばかりで、不具合の原因がわからない。
  2.  やっぱり、「答え」が見つかるって大事!
    今回、「答え」がみつかり、それを形にする技術を持った先生に処置してもらえた安心感。
    私自身、気功の仕事をしていて、「答え」を出し+それを現実化する技術を提供することの大切さを、患者さん目線で改めて実感した昨年の出来事でした。
  3.  患者側も要望を明確にすべし。
    ただ漠然と良くなりたい、ではなく、何が、どう困っていて、それが、どうなれば自分にとって解決なのか、をわかっていること、その上で「それは出来ますか?」と問うことが出来れば、自分に適した方法にたどり着く時間が短縮出来ます。
  4. 気功併用でいいとこ取りの快適さ。
    病院の処置を受けながら、不都合な部分は気功でカバーすれば、解決の幅が広がる。

    今回、自身の歯の不具合、歯科処置後の不都合に気功を試しているうちに、また、気功が進化しました。
    問題は、人を、技術を進化させます。

 

© 2020 快 おおぞら気功ラボ